高尿酸血症 腎障害

Image Replacement

高尿酸血症の患っているほとんどの人が痛風になる可能性があります。痛風の発作をは突然襲ってきて、激痛を伴うものですが、半年に1回くらいの発作が多いので、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」みたいに時間がたつと忘れてしまう事が多いのです。でも痛風の本当の怖さは実は合併症である事を知っている人は少ないかもしれません。

痛風は尿路結石が腎臓障害などの合併症があるのをご存知でしょうか?

痛風で本当に怖いのはこの合併症です。

あなたも腎障害までいかないうちに痛風を改善しませんか?

⇒■薬・厳しい食事制限の要らない痛風・高尿酸血症改善法


痛風の発作は突然起こる

kounyousankessyou0_1.jpg




高尿酸血症08.jpg

痛風の発作は突然襲ってきますよね。

そのあまりの激痛に耐えかねて、救急車で病院に運ばれた人もいるでしょう。

あなたもそうではありませんか?

最初は何が自分に起こったのかわからず、その突然の激痛に苦しんだ事と思います。

昔は痛風というと中年の男性がかかる病気というイメージがありましたが、食事や生活習慣などの変化により、若い人でも痛風にかかる人が増えています。

また女性でも痛風になる人も増えているんですよね。

この痛風は足の親指の付け根が真っ赤に腫れて、激痛を伴う発作を起こしますが、突然起こるので戸惑う人が多いのです。

高尿酸血症を10年以上も放っておくと痛風になるケースが多いといえます。

痛風は医者にかかったりして処置すると、2〜3日でだいぶ痛みはおさまります。

その後、1週間から2週間くらいですっかり痛みがなくなる人が多いうえ、発作は半年に1回くらいしか起きないケースが多いので医者から注意を受けても忘れてしまう事が殆どでしょう。

でも半年後に再び激痛に襲われると、医者の言うとおりにビールなどのお酒をやめ、プリン体の多い食事はダメと言われて厳しい食事制限をするようになります。

それなのに痛風はなかなか改善されずに、また痛風の発作が起きて激痛で苦しむという繰り返しになります。

実はお酒などはもともとプリン体の少ない飲み物です。

ですからビールを飲んでも(適量なら)問題ないのです。

ビールを飲んでも痛風を改善できる方法がこの「薬・厳しい食事制限の要らない痛風・高尿酸血症改善法」なのです。

痛風の発作の痛みより怖いのは腎障害などの合併症である

高尿酸血症05.jpg

痛風は糖尿病と同じように合併症が怖い病気であることを知っている人は少ないのではないでしょうか?


糖尿病は合併症で腎障害を起こしやすい事は知られていますが、実は痛風も同じなのです。


尿路結石や腎障害の合併症を起こす危険のある病気です。


腎不全がひどくなると人工透析になりますよね。


人工透析は週に3回、つまりほぼ1日おきに病院に行って透析を受けなければなりません。

大雪が降ろうと台風だろうと、行かなければ命にかかわるのです。

しかも人工透析は1回につき3時間から4時間かかるのが普通です。

その間横たわって、透析が終わるのを待たなければなりません。

腎臓移植もドナー不足から何年も待っている人が大勢いるので、簡単にはできません。

そんな合併症を起こす前に、しっかり痛風を改善したいと思いませんか?

この「薬・厳しい食事制限の要らない痛風・高尿酸血症改善法」は痛風家庭医学研究会代表の王雪健(ワン・シュエチェン)先生が14年間に17回の痛風発作の激痛に苦しんだ末、研究をかさねて作られた痛風改善プログラムです。

この痛風改善方法をすでに700人以上の人が実践し、3年以内に痛風の発作の再発をした人がいないという実績を持つ痛風改善プログラムです。

あなたも今すぐ痛風を改善して、合併症や痛風の発作に怯える事のない生活を手に入れませんか?

あなたが痛風を改善して、健康で楽しい毎日を送れるようになる事を祈っています。



kounyousankessyou2-1.jpg




kounyousankessyou2-2.jpg"